中古車を高く売りたいならココ!高価買取を行っているサイトから、一括見積もりを行えます!利用は完全無料!あなたの車が今いくらで売れるか確認してみませんか?

中古車買取マン

車を高く売る方法

中古車を購入するときに、年式が重要?走行距離が重要?

車のチェックポイント

中古車を購入するときに、年式が重要?走行距離が重要?

更新日:

車を購入する際にはその車の状態が気になりますよね。外装や内装の状態ももちろんですが、その中古車の年式や走行距離も気になるところです。外装や内装に関しては実際に車を見てみなければ何とも言えない部分はありますが、年式や走行距離は数字で確認できます。

そこで、中古車を購入するときには年式走行距離のどちらを重要視するべきなのかに関して。

比較的安くなるのは?

これはお気づきの通り、年式の古い(低年式)のもの、走行距離が多いものが安くなります。年式が古いということは、製造されてからそれだけ時間が経っている事ですし、走行距離が多いということは前のユーザーにそれだけ使用されてきたことを表しています。

しかし、販売されている中古車の中には

  • 年式は新しいが、走行距離が多いもの
  • 年式は古いが、走行距離が少ないもの

がありますよね

そういった場合には、どちらを基準に購入を決めればいいのでしょうか?その決定には、あなたが中古車の購入に何を重要視しているかが関係しています。

長期間使用するなら

あなたが中古車を購入して長期間使用するならば、年式が新しい(高年式)の車両を購入するよりは、走行距離が少ない中古車を選択しましょう。

走行距離が少ないということは、それだけその車が使用されていなかったことを表します。

走行距離

自動車の心臓はエンジンです。走行距離が多いということは、それだけ心臓が酷使されていたことを表します。エンジンが故障してしまうと簡単には交換できません。それこそ、その中古車がもう一台買えてしまうくらいの金額がかかります。

そのため、長く使用したいならばなるべく走行距離の少ない車体を選択しましょう。

値段設定

基本的に中古車の場合、走行距離が5万キロに達すると値下げされています。その次には10万キロの時点で値下げされます。

自動車のエンジンは金属で形成されているので、5万キロを目安に劣化してくる部品があるからですね。ただ、その値下げ幅に関しては車種によって偏りがあるため、相場検索をしてみましょう。

また、走行距離が少なくてもエンジンオイルの交換などメンテナンスを行っていない車には要注意です。エンジンオイルは、交換していないと劣化してきてだんだんとドロドロになります。本来はエンジンの中の潤滑油として使用されているものなのですが、ドロドロの状態ではその役割を果たせませんよね。

過度に使用され交換されていない場合にはエンジンオイルが減ってしまいますし、時にはエンジンオイルが無くなっているケースもあります。そのような状態ではエンジンを痛めてしまいます。

逆に、しっかりとメンテナンスが定期的にされていた車体の場合には少々走行距離が多くても問題ありません。

メンテナンスを行っていた走行距離の多い車と、メンテナンスを行っていない走行距離の少ない車を比較した場合には、多少走行距離が多くてもメンテナンスをしっかりと行っていたものを選択することが賢いですね。

車両の値段が、走行距離と相応のものかを判断するにはエンジンの状態と、メンテナンスの状態もしっかりと確認しましょう。

高性能の車体が欲しいなら

あなたが、多少高性能の車種が欲しい場合には年式の新しい(高年式)ものを購入しましょう。

車の場合の年式とは、その車の製造された年のことを言います。つまり、年式が新しい方が新しい技術が搭載されている可能性が高いんですね。

%e9%ab%98%e6%80%a7%e8%83%bd%e3%81%ae%e8%bb%8a

もし年式が10年も違えば、全く違った機能が付いているでしょう。現在ではカギ要らずのスマートキーが主流になっていますが、10年以上昔にはスマートキーはありませんでした。そのさらに5年前にはキーレスすら付いていなかったかもしれませんね。

ちょっとした機能に関しても違いが出ますね。

  • ヘッドライトHIDになっている
  • ドアミラーが自動で動く
  • パワーシート(メモリ)が付いている

等など。違いの中で特に困る部分がカーナビですね。

純正のナビが付いている車がありますが、少し古い年式のものになるとナビの更新ができなくなっています。そのため、新しい道が全く表示されないので使い物にならないんですね。純正ナビを取り外して社外品を付けようと思っても、ナビにエアコン操作パネルまで付属している場合には専用のナビレスパネルを購入する必要があります。

それだけ無駄に費用が掛かってしまいますね。

価格設定

基本的に、今から13年以上前の車になると販売価格はガクッと下がります。10年経過している車両は故障個所も多くなってきますし、その中でも13年を経過している車は税金が10%増しになります。

同じ車種でもそれだけ維持費が変わってしまうんですね。そのため、13年を経過している車両は安く販売されています。

また、フルモデルチェンジを行っている車種の場合には値段が多少安くなっている場合があります。

中古車を高く売りたいならココ!高価買取を行っているサイトから、一括見積もりを行えます!利用は完全無料!あなたの車が今いくらで売れるか確認してみませんか?

しかし、年式が古くフルモデルチェンジしている車両の場合には故障した際の修理費が多少高くなる可能性があります。モデルチェンジをしているため、その車両の部品を製造していない可能性があります。そうなると、自動車メーカに連絡して新しく製造してもらわなければいけません。

新しければなんでもいいというわけではありませんが、車両の故障や、装備の事も考えるとなるべく年式の新しいものを選択するべきかもしれませんね。

重要視するべき点

その車両の年式と走行距離に関していえば、なるべく年式が新しくて走行距離が少ない車両を選択すべきなのは言うまでもありません。しかし、そこでどちらを選択するかと言えば、僕は走行距離を選択します。

年式の新しい車にはそれだけ充実した装備がありますが、そういった装備は市販で汎用品が販売されています。本当にその装備が欲しいと思ったときにはその装備を後から付けることも可能です。今ではたいていの装備は販売されているので、僕は困ったことがありません。

しかし、走行距離が多くエンジンに問題を抱えている車両の場合にはそうはいきません。エンジンの交換は軽自動車でも40万円~程します。高い車両だと100万円を超える場合もあるでしょう。

ここではエンジンだけの話をしていましたが、エンジンが劣化しているということはそれに連結されているミッションも劣化しています。ミッションの交換にも専門技術が必要なので、エンジン交換と同じくらいの作業金額がかかります。

故障、修理などを含めたトータルの支払いで考えれば、僕は走行距離が少ない車体を選択する方が賢い選択だと感じています。

欲しい車があった場合には、欲しい車の年式、モデルを調べて予算内で1番走行距離が少ない車体を選択するのがベストかもしれませんね。純正オプションの機能などは車両購入後に付けることができます。

今、車を一番高く売れる一括買取査定サイト

車を高く売りたいなら、
無料一括買取査定がベスト

車を高く売りたいなら、無料一括買取査定がベストです!

僕も軽自動車を売却したときには、高い業者と安い業者で18万円も差がつきました。18万円の差は大きなものですよね。

この、無料一括査定ならば買取査定の申し込みから売却までの手続き全てのサービスが無料です。申し込みも1分かからない簡単申請なので、ネット買取査定が始めての人でも安心してサービスを利用できます。

高価買取の簡単一括査定サイト

あなたの愛車を高く売ることができる簡単一括買取サイトです。一括買取査定なので、たくさんの業者が一度に買取見積もりをしてくれます!
ビックリする高値が提示されるかもしれませんよ♪

>>車を高く売るなら、中古車買い取りマン

-車のチェックポイント

Copyright© 中古車買取マン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.