中古車を高く売りたいならココ!高価買取を行っているサイトから、一括見積もりを行えます!利用は完全無料!あなたの車が今いくらで売れるか確認してみませんか?

中古車買取マン

車を高く売る方法

高く売りたいならできるだけ早く契約しよう!

買取のメリット・デメリット

高く売りたいならできるだけ早く契約しよう!

更新日:

車を買取に出した時にはできるだけ高く売りたいですよね。高く売るためにできることと言えば「価格交渉」ですよね。

車の買取価格があなたの満足できるものでなかったとしたら、もう少し高く買い取ってもらえるように交渉するでしょう。車の状態がキレイなことをアピールしたり、同じ年式の車に比べると人気があることを説明したり・・・。

しかし、そんな中でも一括査定に申し込んで一度に多数の買取業者に買取査定を行ってもらうことが高く売るための方法です。

インターネットの車買取査定には大きく分けて2種類の方法があります。一つ目が、1社に買い取り査定をお願いする「単独査定」と呼ばれる方法。もう一つが、一度に複数の...
あなたの持っている中古車を販売するとするなら、少しでも高く売りたいですよね?購入の際の金額がいくらだったにしろ、高い金額で引き取ってもらえるなら高いに越した...

さらに買取価格を上げたい場合は、一括買取サイトへ申請し各会社に価格交渉をするべきだと思うでしょう。しかし、あまり交渉に時間を使いすぎるのもよくありません。

中古車の価格は下がり続ける

中古車の価格が新車より低いのは何故でしょうか?それは、一度他人が使用することでキズが付いたり汚れたりするからですよね。

また、使用されればエンジンが消耗するので価格が下がります。そして、新車販売から時間が経ち古くなっていくために買取価格が下がります。

ということは、車は時間が経てば経つほど価格が下がってしまう物なのです。極端なことを言えば、あなたが交渉を頑張っているそのときも価値はどんどん下がっていきます。

複数社で比較交渉する場合

一括買取査定を申し込み、複数の会社から買取査定を行ってもらったとしましょう。これが高く売るための重要な最初のステップです。

A社 : 50万円
B社 : 48万円
C社 : 52万円
D社 : 55万円

の査定額が提示されたとしましょう。これは最初の査定額なので、交渉次第で上がる可能性がありますよね。その中でも査定の高かったC社とD社に買取価格交渉をお願いするでしょう。

現在の状態ではD社の55万円というのが最高額ですね。そこでC社に価格交渉を行います。

1ヶ月経ち、価格交渉の結果、買取額が54万円まで上がりました。やはりD社の買取額には達しなかったので、A社、B社、C社の買い取りは断りました。そしてD社に55万円での買取をお願いすると

査定士
55万円の買取額は1ヶ月前時点のものですので、現在は少し下がり51万円での買取となります。

・・・買取価格が下がってしまいました!

買取業者は「現在の価格」でしか買取を行ってくれませんので、そのときには51万円でしか買い取ってくれません。

他の3社を断ってしまったあなたはD社に51万円で売却するか、売却を諦めるしかありません。ちょっと前までは55万円で買い取ってくれたのに。C社に売っていれば54万円です。時間が経ったことで買取価格自体が下がってしまったんですね・・・。

複数の会社に買取査定をお願いし、価格交渉をする場合はこういった時間経過に気をつけるべきです。何度も話しますが、車の価値は時間とともに下がっていきますので高く売れるときに売ったほうがベストです。

モデルチェンジ、他の車の価値

他に買取価格が下がる原因として、その車のモデルチェンジや同クラスの車の人気や価値の変動があります。

モデルチェンジ

中古販売されている車で、まだ新しいのになぜか価格が安く設定されている車を見たことがありませんか?年式も新しいですし、走行距離も少ないのに何故安く売り出されているんでしょうか?

実は、それは車がモデルチェンジされているからです。

車のモデルチェンジってたいていの場合、3年~5年の周期で行われています。完全に形が変更されるモデルチェンジもありますが、前期型・後期型と区別されるようなマイナーチェンジもあります。どちらも、車の形や装備が変更されるので新しい車として発売されますね。

やはり新しい車が販売されると、前モデルはいきなり安くなってしまいます。現行型では無くなってしまうからですね。

中古車の場合、「2代前」などの表記があるかと思います。それって実は何回モデルチェンジされた車かを現しているんですね。

「現行型」だと、現在も新車で販売されているモデルです。「2代前」と言うのは、現在新車で販売されているモデルよりも1つ前のモデルになるんです。そのように、モデルが古くなるに連れて価格は下がり気味です。

いきなりモデルチェンジ、マイナーチェンジが発表されることもありますので車を売る場合はなるべく早く契約してしまったほうが無難です。

他社の人気変動

モデルチェンジ以外でも、同クラスの他車種の人気で価格が変わることがあります。

同クラスというのは、「新車価格」、「大きさ」、「排気量」などの項目ですね。同じメーカーの車種であったり、別メーカーの車だったりします。

中古車の価格はその車の年式や状態によってももちろん変わりますが、その車の人気も重要です。古くても人気のある車は価格が下がりにくく、人気の無い車は価格が下がりやすくなります。

簡単な例で言うと、TOYOTAのbBはコンパクトカーとして人気が出ましたが、同クラスのコンパクトカー、ヴィッツは中古車としての人気があまりありません。これは、中古車を買う年代(若者がメイン)がヴィッツよりもbBの形を好んでいたためです。そのため、bBは中古車でも結構高値だ売買されています。

新車販売時からずっと人気がある車種もありますが、口コミで人気が広がる車もあります。他に、販売台数が多いため価格が予想以上に下がり人気が出る車もありますね。その最たる例がTOYOTAのクラウンシリーズでしょう。

今までは「いつかはクラウン」とまで言われた高級車でしたが、販売台数が増えたことにより中古車があふれています。そのため、一気に中古車価格が下がりました。しかし、新しい型は人気があることから高値でも売買されています。逆に少し型遅れのモデルはガクッと販売価格が下がっていますね。

同クラスのほかの車の人気がでると、あなたの車はいきなり買取価格が下がる恐れがあります。他の車の人気が出るのにそこまで時間はかかりません。先ほどのモデルチェンジのように、いきなり出てきます。
そのため、なるべく早く契約することが賢い売り方ですね。

契約を先延ばしにするリスク

契約を先延ばしにすると、価格交渉をする時間は出来ますがこのようにリスクもあることを理解しましょう。

あなたの売りたい、その車は1台だけです。売れるタイミングで売らなくては買取価格が下がってしまいます。リスクを理解しながら、高く売りたいですよね。

今、車を一番高く売れる一括買取査定サイト

車を高く売りたいなら、
無料一括買取査定がベスト

車を高く売りたいなら、無料一括買取査定がベストです!

僕も軽自動車を売却したときには、高い業者と安い業者で18万円も差がつきました。18万円の差は大きなものですよね。

この、無料一括査定ならば買取査定の申し込みから売却までの手続き全てのサービスが無料です。申し込みも1分かからない簡単申請なので、ネット買取査定が始めての人でも安心してサービスを利用できます。

高価買取の簡単一括査定サイト

あなたの愛車を高く売ることができる簡単一括買取サイトです。一括買取査定なので、たくさんの業者が一度に買取見積もりをしてくれます!
ビックリする高値が提示されるかもしれませんよ♪

>>車を高く売るなら、中古車買い取りマン

-買取のメリット・デメリット

Copyright© 中古車買取マン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.