中古車を高く売りたいならココ!高価買取を行っているサイトから、一括見積もりを行えます!利用は完全無料!あなたの車が今いくらで売れるか確認してみませんか?

中古車買取マン

車を高く売る方法

車買取で高く売れる時期、シーズンは3月と9月!高値で売れるタイミングと条件をご紹介。

査定を受ける前に

車買取で高く売れる時期、シーズンは3月と9月!高値で売れるタイミングと条件をご紹介。

投稿日:

車を売るなら、できるだけ高く買い取ってもらいたいですよね。1万円でも、千円でも高く買い取ってもらいたいというのが心理でしょう。

車を売ったとしても、当日に現金が手に入るわけではありません。査定があって、そこから見積もり、支払いという流れでお金が入ってくるので、買取査定を依頼してから入金まで1週間くらいは余裕を持って見ておきましょう。

実は、車の買取価格は車を売る時期、地域、モデルチェンジのタイミングなどによってかなり変動します。時期によって買取価格が高くなったり安くなったりするんです。

どうせ当日入金は難しいので、少しだけ時間に余裕がある方は車が高く売れる時期、タイミングを見計らって売却するのがおすすめ。タイミングによっては20万円以上も買取価格に差が出るので、うまくいけば思わぬ高値がつく可能性があります。

今回は、車を高く売るために選ぶべきタイミングをご紹介します。タイミングを見計らって最高値で車を売却しましょう。

高価買取一括見積もりの【かんたん車査定ガイド】

かんたん車査定ガイドは、中古車の買取一括見積もりサイト。「とりあえず、今持っている車を高く売りたい!」という人向けの買取見積もりサイトです。

普通の買取サイトとは違い、一回の申し込みで様々な買取会社へ見積もり依頼が可能となっており、一発で高値で買い取ってくれる会社を調べられます。

買取査定の申し込みもWebで完結するのでめちゃくちゃ簡単!今乗っている車の情報を打ち込むだけの45秒診断!

車を高く売りたい人は、まずかんたん車査定ガイドを利用するのがオススメです。

基本的に車は1月〜3月、9月〜10月が高く売れる

基本的に車は1月〜3月、9月〜10月が高く売れる

最初から結論ですが、車を高く売りたいなら1月〜3月、もしくは9月〜10月の期間がおすすめ!

どの月が一番高く売れるという正確なことは言えないのですが、基本的には上記の期間であれば他の期間よりも高く買い取ってもらえる確率が高くなります。

一般社団法人「日本自動車販売協会連合会」が発表している月別の販売台数を見てみると、2018年で最も車がたくさん売られているのが3月で約66.7万台。その次に多く売られているのが9月で48.5万台。

他の月と比べる3月はかなりたくさんの台数が売られていることがわかりますよね。どれだけ車の需要が高くなる時期なので、仕入れ(買取)も積極的になります。

年末に車の売却を検討している方は、少しだけ待ってみて売ると高く売れるかもしれませんね。

3月は車の需要が高くなる

3月あたりになると進学、就職、転勤で車を購入する方が増えますよね。なので、車に対しての需要が一気に高まります。

また、3月に車が多く購入されているということは、車検が集中するのも3月。車検は基本的に2年周期(新車初回の車検は3年)で訪れるので、車検を迎える3月までに車を買い換えたいと考える方が多くなります。

3月に車の需要が高くなるなら3月に売り出せばいいんじゃない?

と思われるかもしれませんが、3月に車を買い換えたいということは、それ以前に車を探し出しますよね。なので、1月〜3月くらいの期間を設けて車を売り出すのが一番高く売れるんです。

また、車には自動車税がかかりますよね。自動車税は年1回のイベントで、4月1日に車を所有している人に対して税金がかかります。そのため、4月までに車を買い換える方が多くなります。

自動車税は返ってくるのか
車を売ると自動車税は返ってくるのか?

続きを見る

販売業者としても車の需要が高くなることが分かっているので、3月の繁忙期に向けて1月くらいから販売用の在庫確保に動き出します。そのタイミングを逃さず買取に出してみましょう。

9月〜10月は決算期の会社が多い

3月に車が高く売れるというのはなんとなくイメージがつきやすいかもしれませんが、実は9月〜10月も車が高く売れる時期なんです。

9月というと個人的なイベントは少ないように思うかもしれませんが、企業としての決算期を設けている会社がたくさんあります。決算期ということは転勤や配属変えが起こりやすいタイミングでもあります。

となると、人の移動(転勤)が発生するので、急に車が必要になる方が多いんです。そのタイミングで売り出してみると、意外と高値であっさりと売れてしまうことも。

また、決算期ということは会社の経費で車を購入するところも増えます。決算前に車を購入してしまい、来期の準備をする会社が多いので車の販売会社としても力を入れるタイミングなんですね。

そのため、9月〜10月も車需要が高まるので比較的高く売却することができます。

もし、夏の間に車の売却を検討されている方がいるなら、9月〜10月の需要期を待ってみてもいいかもしれません。このタイミングなら自動車税の戻りにも影響が少ないので、1ヶ月くらいは余裕を持ってもいいですね。

車が高く売れる、値落ちしにくい売却タイミング

車が高く売れるタイミング

車を売却する時期に関しては3月、9月がおすすめ。ですが、車単体としての売却タイミングもありますよね。

  • 走行距離はどれくらいまで大丈夫なのか
  • 車検が残っている方がいいのか
  • 新モデルの発表があったタイミングはずらした方がいいのか

など。

次に、車を高く売却するタイミングについてご紹介します。

走行距離は5万キロ、10万キロがボーダーライン

車の走行距離に関して言えば、走行距離が少なければ少ないほど高く売れるのは当然のことです。

しかし、日常使いしている車の場合、売ることを考えて車を走らせないわけにはいきませんよね。毎日使用している車であればなおさら、売るまでにどんどん走行距離が伸びます。

走行距離が多少伸びたところで大きな値落ちはしないのですが、5万キロ、10万キロが値落ちのラインと言われています。

中古車が販売されている時に多くの方が気にするのが「どれくらい走っているのか」というポイント。

考えてもらえば当たり前の話なのですが、走行距離が多いものと少ないものであれば、なるべく走行距離が少ないものを買いたいですよね。走り過ぎている車はメンテナンスの心配もありますし、なかなか購入に踏切にくいです。

では、どれくらいの距離だったら走行距離が多いと思いますか?

走行距離の感覚については人それぞれなのですが、基本的に売買されている車の走行距離は多くても10万キロほどですよね。それ以上の走行距離になっている車はなかなか販売されていません。

つまり、10万キロを超えている車はパッと見た目で

この車、かなり走ってるな…。古いのかな?

と感じてしまいます。そのため、走行距離が10万キロを超えている車はガクッと買取価格が落ちます。逆に、走行距離8万キロ程度であれば、10万キロの車と比較しても割高で買い取ってくれる場合があります。

人間の感覚かもしれませんが、10万キロを一つの区切りとしているので、その半分の5万キロも一つのボーダーラインになっています。

走行距離53,000kmの車と走行距離48,000kmの車の場合、走行距離自体は5,000kmしか変わりませんが、割高で買い取ってくれる可能性があります。

なので、売りたいと思っている車の走行距離を確認して、5万キロ、10万キロのボーダーラインに近い場合は早めに売却しましょう。

過走行の判断は1年間に1万キロ走行が平均ライン

同じ年式であっても走行距離が大きく違う車がありますよね。車の使い方によっては、1年間に5,000kmしか走行しない人と、1年間に20,000km以上走行する人がいます。

車は酷使されると部品の消耗が激しくなるので、過走行の車は買取価格が減額される可能性があります。自動車業界での平均は1年間に10,000km走行と言われているので、年式と走行距離を計算してこの距離を超えている場合は買取査定額が下がる可能性があります。

走行距離が少なければいいのかというとそうとも言えません。逆に、5年落ちの車なのに走行距離が10,000kmに満たない車の場合、ほとんど使われていない車と認識されるでしょう。

車は走行することでエンジンや駆動系を動かし、部品が稼働します。つまり、ほとんど走っていない車の場合は部品が稼働していないので思わぬトラブルを発生する可能性もあるんです。

高く売却したい場合は、年式と走行距離の総合判断で見極めましょう。

車検に関してはそこまで考えなくても大丈夫

車は2年ごとに車検を受けなければいけませんね。車検というと高い場合は10万円以上の費用がかかる一大イベント。

どんな状況で保有していようと、公道を走る場合には車検の取得が必須です。そのため、車検がついていない車よりも車検がついている車の方が価値は高くなります。

しかし、基本的に車検費用に関しては買取査定額にプラスされるケースが多々あるのでそこまで気にする必要がありません。

と言っても車検を通す費用は業者によってまちまちなので、車検が近いからと言って車検を通してから売却すると車検費用分だけ損する可能性もあります。

なので、車検が近いからと言って無理に車検を受けてから売却するのは控えた方がいいでしょう。

車検が付いていて買取価格が高くなるのは、車検の残期間が1年以上残っている場合くらいです。売りたい車が最近車検を受けている場合は高く買い取ってくれるかもしれませんね。

車検の残り期間と買取査定額に関しては、こちらの記事でも詳しくご紹介しています。

車検があると査定額は上がる?
車検があると査定額は上がる?

続きを見る

モデルチェンジが近い場合は早めに売ろう

車は車種名が同じでも年式によってモデルチェンジが繰り返されます。

国産人気セダンのクラウンであっても

1955年 初代RSクラウン
1962年 RS40クラウン
1967年 MS50クラウン
1971年 MS60クラウン
1974年 MS80クラウン
1979年 MS110クラウン
1983年 MS120クラウン
1987年 MS130クラウン
1991年 JZS140クラウン
1995年 JZS150クラウン
1999年 JZS170クラウン
2003年 GRS180クラウン
2008年 GWS200クラウン
2012年 AWS210クラウン
2018年 ARS220クラウン

というように発売から記事執筆現在(2019年9月)までで15代のモデルチェンジを行なっています。このように車は同じ名前でもどんどんモデルチェンジをして、新車が発売されています。

外装、内装がガラリとモデルチェンジされるフルモデルチェンジが発表されると、型落ちの中古車は買取価格がガクッと下がります。新しいモデルが発売されていくので、型落ちになる車は価値が下がってしまうんです。

そのため、高く売りたいならモデルチェンジがあまりないタイミングで売りだすのがおすすめ。モデルチェンジのタイミングについては各車種で違うのですが、ニュースなどを見ていると分かりやすいかもしれません。

モデルチェンジによって買取価格が変動することについては、こちらの記事でも詳しくご紹介しています。

人気車種は買取額の減額に要注意!?
人気車種は買取額の減額に要注意!?

続きを見る

車を高く売りたいなら、タイミングを見計らって一括買取査定がおすすめ

車を高く売却したい場合、

  • 期間は1月〜3月、もしくは9月か10月
  • 走行距離は5万キロ以下、もしくは10万キロ以下
  • 1年に1万キロペースでの走行距離になっている
  • 車検が1年以上残っている
  • 直近でモデルチェンジされていない

タイミングを見計らって売却するのがおすすめです。このタイミングで買取に出せば、比較的高い金額で買い取ってもらえる可能性が高くなります。

と言っても、買取業者によって重要視するポイントは様々。

買取時期を重要視する業者もいますし、車検の残期間で判断する業者もいます。中には走行距離や年式を基準に査定する業者もいますね。

業者によって判断基準や重要視するポイントが違うので、高く売りたいならたくさんの買取業者へ連絡してみるのが確実です。多くの業者へ連絡すれば、それだけ高値を提示してくれる業者が見つかる可能性も高くなります。

買取査定を依頼する場合は、ネットの一括買取査定を利用するのがおすすめです。一括買取査定なら、一回の見積もり申請で最大10社から買取価格が提示されます。

そのため、売る側としては最高値を提示してくれた業者へ売るだけでOK。一発の申請で相見積もりが取れちゃうんですね。

今、車を一番高く売れる一括買取査定サイト

車を高く売りたいなら、
無料一括買取査定がベスト

車を高く売りたいなら、無料一括買取査定がベストです!

僕も軽自動車を売却したときには、高い業者と安い業者で18万円も差がつきました。18万円の差は大きなものですよね。

この、無料一括査定ならば買取査定の申し込みから売却までの手続き全てのサービスが無料です。申し込みも1分かからない簡単申請なので、ネット買取査定が始めての人でも安心してサービスを利用できます。

高価買取の簡単一括査定サイト

あなたの愛車を高く売ることができる簡単一括買取サイトです。一括買取査定なので、たくさんの業者が一度に買取見積もりをしてくれます!
ビックリする高値が提示されるかもしれませんよ♪

>>車を高く売るなら、中古車買い取りマン

-査定を受ける前に

Copyright© 中古車買取マン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.